ドローンで空撮 唐津市佐賀県情報!

FLYPRO PX400の飛ばし方、スマホ フライト方法

 

 

いよいよモーターを回す動作をしていきましょう。

もっともFLYPROPX400で難しいところ設定です。とはいえ、自分で設定することはなにもなく

プロポとスマホの操作で変更できます。

 

 

mah008321

 

 

プロポの電源を入れていきます。電源は見なくてもわかりますよね。真ん中のスイッチです。

オレンジですからわかりますよね。

 

mah0083211

 

 

あーーーー

 

言い忘れていましたが、スマホ、ブルートゥースボックス、PX400機体はしっかりと通信できて

いる状態にしておきてくださいね。

これが始めです。

 

そのあとにプロポの電源をいれます。

 

 

mah008324

 

次にこの赤いボタンを長押ししていきます。

するとぴーーーと音がなるのでスタンバイOKになります。

これで準備がととのいましたーーー

 

mah0083213

 

 

このポーズをとるとモーターが回りだしていきます。

それからスロットを上に上げるとモーターが早く周りだすので操作方法は一般的なドローンと

同じと考えてください。

 

この機体自体を操作するのはそんなに難しいことではないので大丈夫でしょう。

一番むずかしいことは上昇と着地くらいですね。

 

あとは小型のドローンよりも安定しているので、操作はし易いと感じるかもしれません。

 

それからモード設定が大事でした。

上の写真のようにしてもモーターが回らないって方はこちらのスイッチがきちんと初動そうさように

なっていないのです。今からここを詳しく解説していきます。

 

 

右上のスイッチがほとんどモード変更につかいます。

 

mah0083212

 

ここの部分ですね。

このスイッチを一番おくにするとモーターが回るモードです。

安全のためにモーターが回ると今度は3段階でこのスイッチは動きます。

奥から真ん中の位置に移動します。

これはGPSや各種初心者用のモードと考えてください。

 

プロの方でもつかえますので、外では一番つかうスイッチではないかとおもいます。

 

mah0083216

 

一番おくにするとスマホが認識してStabulizeというモードになります。

ここのstabulizeという部分でモーターを回していきます。

 

モーターが回り出すとプロポのスイッチを真ん中の位置にしていきます。

 

mah0083214

 

Loterというモードに変化しているのがわかるでしょう。

右上の英語の文字です。

これをいってなかったなーーー

 

こちらのスイッチでモード変わるということです。

 

mah008327

 

 

外ではもうフライトできるので、スマホの上昇をタップしていきます。

自分でできる方は自分で操作していきましょう。

スマホをタップしたほうがかんたんですよ。

 

mah008328

 

やめるときはもう一度赤いボタンを長押ししてもとに戻していきます。

 

これだけです。

 

 

難しいと言いましたが、一度操作を覚えるとかんたんですから、室内でいちど試してみてください。

いきなり外で操作からだと時間がかかってできないかもしれませんし、

人が集まってきて恥ずかしい思いもすると考えられます。

 

安全にね

 

 

mah008327

 

 

左下のアイコンをみると操作はわかるとおもいますので、あとはタップしていくだけです。

まだオートは私もつかったことがないのでちょっと心配ですね。

しっかりとプログラム通りに動いてくれるのかもしんぱいです。

 

 

このオートができれば、自分は空撮だけに集中できますからね。

かんたんに空撮映像がとれるようになります。

 

ここまではマスターしたいところです。

 

あと、青色に光っているランプですが、そとでGPSを認識すると緑に変わるので色でも判断できる

ようになってきます。はじめは誰でもできないのですから。

 

私なんて、初めてのときは動かすまでに一ヶ月かかっていますし、こうかかっては保証どころでは

なかったです。

 

 

これを参考にして飛ばしてみてください。

 

質問があればコメントにください。

わかる分で回答します。^^

 

 





 

関連記事:

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です