ドローンで空撮 唐津市佐賀県情報!

みかんの苗木を植えてきました。

みかん農家に手伝いに行って来ました。

みかんの苗木を植え替える作業でした。これが結構疲れるのです。

スコップで苗木をほって、その苗木をビニールハウスの中に運んで植えていきます。

写真でもわかりますが、

DSC_0035

みかんの葉っぱがなくなっていますが、運びやすいようにとっているのです。

葉っぱがあると邪魔になるし、運ぶ台数も少なくなります。

 

1つ写真を撮るのをわすれていましたが、ビニールハウスの中のみかん苗木をとらなかったと今思っています。

 

撮っとけばよかったな、スコップで穴をほりそこに苗木を植えていくのですが、これが一日の最後には疲れて体が動かなくなってきます。

みかんの木も寿命があるらしく、だいたい30年くらいしか持たないみたいです。

30年に一度植え替えるそうです。

みかんの木がでかくなるのも5年位はかかるようで、今回の作業で2回めです。

ビニールハウスの植え替えはすぐに終わりましたが、みかんの苗木が余っているので違う場所に植え直しをしました。

 

これがあと2年後に使える苗木だそうです。

 

こちらの植え替えは楽ではありましたが、機械が使えるところはほんと楽ですね

こんな作業がビニールハウスでもできればいいのですがね。

 

やっぱり人間の手が仕事しますね。

みかんは機械作業がない農産物です。冬は暖房をたくのでたくさんの重油がかかります。それでも農家の方も節約し、切り詰めながら経営されていますよ。

 

 

 

 

関連記事:

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です