ドローンで空撮 唐津市佐賀県情報!

ドローンの歴史は軍事用から始まった構造も

最近ドローンの特集をよく見るのですが、雑誌やテレビでも見かけます。

そこで、やっぱり歴史的観点から始まりは軍事用からですよね。

 

ですが、あまり知られていません、

紛争地域では投入されています。

何かの特集でアメリカでドローンをゲーム感覚で操縦して自宅に帰宅するとの放送があったです。

 

今はすごいと実感出来たし、ここまで来ているのかとも思いました。

 

グレイイーグルという機体がありますが、それは対地ようのミサイルが搭載できるし、攻撃もできます。

それだけすごいドローンがあるのも事実です。

 

偵察機でもドローンが使われています。

ブローバルホークは大型のドローンで旅客機よりも高い高度を飛ぶことができます。

偵察用につかわれているのです。広範囲の移動が可能だから偵察活動に向いているのです。

 

リーパーという機体もあります。

これもタイ爆撃機です。

今活躍しているのがリーパーですね。

どれだけドローンが進化しているのかがわかります。

 

私達が使っているドローンはおもちゃですね。

ほんとなんだかレベルが違い過ぎますね。

 

今もっとも最新の軍事用ドローンはX-47Bです。

これは空母に着艦できるほどの構成のです。

ステルス機みたいな形が特徴ですね。

空母でのドローン搭載が進めばそれはすごい脅威に他の国はなるでしょう。

進化がすごすぎますね。

 

 

今のドローンがどんなに進化しているのかわかりますね。

整備なんかはどうやるのだろうか、戦闘機と同じだろうと思うのだけどね。

 

関連記事:

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です