ドローンで空撮 唐津市佐賀県情報!

ESCの異変を感じたらすぐに交換しよう

ESCという部品があるのを知っていますか。

これはモーターを制御している電子部品です。

ここが壊れてしまったら、飛んでいるうちにどこに飛んで行くのかわからないし、1つのモーターが動かなくなってしまう症状が出てきます。

 

ESCが故障かなと思ったら

・フライトスタート時に羽根が同時に動かなくなってしまった。

・羽根を回してリウだけなのに振動がしてきた。

・着陸時にまっすぐに着陸できない。

・羽根を止めるときに同時にすべての羽根が止まらない。

 

こんな症状がでると赤信号です。

トラブルが起きる前にESCを交換してくださいね。

DSC_0017 (2)

 

モーターがくっついている電子部品です。

4つは絶対にあるので悪いものを交換してくださいね。

 

それと、モーターも発熱していないか毎回確認は大事です。

モーターの焼きつきで飛ぶことができないようになります。

 

モーターもしっかりと確認するべきです。

ドローンやマルチコプターを飛ばすときは最新の注意が必要になってきます。

これが操縦する人の使命です。

 

 

しっかりとメンテをしてください。

後悔する前にしっかりといた確認をしてくださいね。

 

それとついでにリポバッテリーを使っていますよね。

リポバッテリーの性質として、最後まで使い切るとその後充電できなくなります。

だから、早めの停止が必要になります。

 

ここを守って安全にフライトしましょうね。

 

空をとぶものは安全に細心の注意が必要です。

 

人混みで飛ばすのはごはっとです。

楽しみたいじゃないですか。

 




 

 

関連記事:

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です