ドローンで空撮 唐津市佐賀県情報!

ドローン飛行許可書を取得するためには

ドローン、無人飛行機の飛行許可を取得方法をいろいろ調べていました。

すると、国土交通省への書類の提出が必要です。

 

この国土交通省のサイトを参考にすると申請書がダウンロードできます。

→ http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html

 

こちらから申請できますし、近くの国土交通省期間への提出になっています。

許可が取りやすいドローンやヘリはヤマハ発動機のヘリ、ドローンではDJI社のドローンが期待の詳細が免除となり、申請はしやすいと思います。

 

ヤマハ発動機は農業用農薬散布ヘリですね。

これは田舎だと見るのですが、ヘリで田んぼの農薬を散布するのですよね。

またハイテクだとおもっていみていました。

 

ヤマハ発動機のヘリはちょっと一般の方では手が出せないですし、購入しても使いみちがありません。

 

 

それに比べて、DJI社のドローンは一般的に空撮や、映像のぶんや、災害地域の監視などで使われています。

 

Phantom3などを出している会社です。

ちなみに中国の会社なんですよね。

 

自動操作もできるし、タブレットやスマホとの連動で構成のドローンとなっています。

空撮に関しては4Kの画質の空撮ができて、テレビなんかでもちょくちょくみかけますね。

 

災害の時などはドローンで地域の状況把握ができるし、2キロという距離が飛ばせます。今までは1キロがせいぜいでしたが、今は2キロです。

 

この2キロの距離を飛ばすのも許可があったほうが有利ですし、何かと許可があれば堂々と空撮もできます。

 

飛行許可書には保険の証明書の記入が必要になるはずです。

保険は確実にはいりましょうね。

 

東京海上日動さんに保険があります。

ドローン専用の保険です。

いくらだったかな、

→ http://alliance-k.com/data/wp-content/uploads/2015/06/drone.pdf#search=’%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E6%B5%B7%E4%B8%8A%E6%97%A5%E5%8B%95+%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3′

 

 

こちらに書かれています。

 

DJI社のドローンをお使いでしたら三井住友海上との保険定形ができるので格安でドローン保険にはいることができますよ。

Phantom3がいいのかなともおもいます。

 

 

しかし法律はしっかりと守って飛ばしましょう。

建物や人物からは30メートルはなれ、安全な場所以外では飛行しない。

これが大事です。

 

あとは紛失する可能性があるので、その目視できる距離が理想的です。

 

飛行許可書の提出は近くの国土交通省に提出です。

私は佐賀県ですので、福岡の国土交通省に提出みたいです。

 

もう少し調べることにします。

関連記事:

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です