ドローンで空撮 唐津市佐賀県情報!

ついにDJI Phantom4が発表、予約開始された自立飛行機能が!

ついにPhantom4がDJIから発表されました。

やっとこの機体がベールを脱いだんです。早く見たかったですよね。

Phantom3を遥かにしのいでいます。

 

 

価格も178,000円とリーズナブルです。

まずは動画をみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

機体も軽くなっているしfantom4

カメラの性能もすごいことに

4Kがまた進化したかんじです。

 

 

 

 

一番の機能は障害物を検知するセンサーを搭載されているところです。

これはいい機能です。

 

やっぱり、人ってミスをするものですが、機体がそれを補ってくれる。

ドローンにも未来の機能が搭載されているのです。

 

 

車の安全衝突回避システムみたいな感じです。

 

自動操縦機能もついているし、なんだか前のPhantom3がそんなにいいものでは内容にも

かんじてしましますね。

 

 

ですが、Phantom4もまだまだすごい機能が追跡機能がついています。

自分はFLYPRO PX400をもっていて、追跡機能と自動操縦システムが搭載されていました。

 

 

だからPhantom3にもついているのかとおもっていたら、そうではなかったのですね。

ですが、Phantom4からはすごくいいドローンとなってきますね。

 

 

ドローン自体でいろんな障害物を検知して操縦する可能性があります。

より、安全にできているし、操縦も簡単になっています。

 

 

それに時速70キロもでるほど速度も上がっています。

いろんな分野にこのPhantom4が活躍するとかんじています。

今だったらPhantom4を購入するとおもいます。

 

Phantom4よりもすごい機体が出てきたらちがいますけどね。

Phantom4には保険もついているとおもいます。

 

 

Phantom3にはついていたので、その特典またついていると予想ですが、そうかんじています。

 

 

DJI社のドローンには保険が一年ついている特典があります。

ドローンの世界観が変わるし、使い方も変わってきますよね。

誰にでも使えるドローンとなるのは目にみえてわかります。

 

 

それに、使い方次第ではどんな分野にも役にたつドローンだとかんじました。

一度操縦してみたい。

でもタブレットもあったほうが見やすいです、購入するものがおおくなりますね。

私はアンドロイドを使っているのですが、確かアップルのアプリだけに仮想操縦訓練用の

ソフトが入っていたのですが、今度はアンドロイドにもついているといいのですがね。

 

Xperia Z5をつかっているのでそれで対応はできるのですが、画面が小さいので、臨場感にかけますね。

画面は大きいほうがいいのですが、小さくても少しみにくいだけなんです。

 

 

Phantom4にはスポーツモードが搭載、アクティブに操縦することができます。

ドローンレーサーの用にね。

ですが、そこまでのアクティブ感は内容に思いますが、それでも空撮とアクティブ操縦ができるPhantom4には魅力はかなりありますね。

 

安全にできているPhantom4で衝突の心配はないですし、人にぶつかることもないと感じています。初心者から中級者または上級者までをカバーできる機体になっています。

 

今後購入する予定の有る方はPhantom4を迷わず購入すると良いでしょう。

お金がちょっと足りない方はアルバイトでもして稼ぐ方法もありますよ。


 

ちょっとバイトして稼いでからドローンを購入するほうが楽しみが増えていきますね。

私は実家の農業を手伝ってバイトしています。

 

農業の手伝いが出来るだけでもお金は発生しますよ。

話がそれてしまいましたが、Phantom4を予約するなら今でしょうね。

 

 

Phantom4には特典もありますよ。

DJI社のドローンを購入すると保険が1年ついています。

これは新品での購入が基本です。

 

DJIだけの特典ですね。もちろんPhantom4もこの保険の特典はついています。

誰でも安心して使える機体になっています。

 

今度はPhantom4にしてみましょうかね。

4Kの映像の魅力もありますし、どれくらいの価格でもPhantom4には価値が生まれますね。

より多くの方がPhantom4を購入するでしょう。

 

 

遠隔距離も3,5キロと距離も伸びています。

日本の法律では視覚的に確認できる距離が絶対ですが、災害時の時には活躍出来るでしょうね。

 

 

3,5キロってほんと見えないですよね。

画面上でしか確認はできないと思いますし、Phantom4には障害物を避ける機能がついています。この機能により、遠くに飛ばしても事故に会う可能性はぐっと低くなります。

これがPhantom4です。

 

 

時間28分とPhantom3よりも伸びているのですが、Phantom4的にはもっと伸びて欲しかったのが私の感想です。

 

40分くらいを想像していましたが、そうでもないみたいですね。

ここまでは伸ばせなかったみたいです。バッテリーの容量を多くすると出来るのでしょうけど

価格も高くなりますね。

これではちょっと問題もありますね。

 

 

1番フライトが飽きない時間が30分くらいですからね。

 

 



 

関連記事:

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です