ドローンで空撮 唐津市佐賀県情報!

ドローンのプロポ用充電池はこれがいいちょっと解説

私はドローンでつかう電池を充電できるものを使うようにしました。

何度も使えるし、容量も大きいものがたくさん出ているからです。

そこで、充電池はパナソニックでしょ。

 

と、勝手に思っているのですが、エボルタとエネループの二種類があってわからないと

感じたので調べてみました。

 

DSC_0092

 

これだけの充電池を持っているのですが、ほかにもたくさんあります。

まずは充電池はプロポにしか必要ではありませんよね。

 

ドローンを飛ばしていて電池不足になると、コンビニで高いアルカリ電池を購入しなければいけない状況を経験したので、その経験を生かして、充電できる電池に変更しました。

 

そこで容量が大きいものを選んで購入しました。

充電池はパナソニックだと勝手に私は思っているのですが、エボルタとエネループがありどちらがいいのかわからない状況でした。

 

エボルタとエネループも3段階の価格差があり、スペックがいいものからそうでないものがあります。

 

どちらもパナソニックなのですが、なぜ二種類あるのか疑問に思いますよね。

 

もともと開発していたのがエボルタでエネループは三洋電機が作っていたものです。

 

三洋電機さんがPanasonicさんにエネループを売却してから、Panasonicさんに二種類の充電電池があるのです。

 

 

さてここでもどちらがいいのどんな違いがあるのってかんがえますよね。

 

 

違いはエネループは充電の回数がエボルタよりも多いです。

すべての性能別で充電回数が違ってきます。

 

エネループの方が何回も使えるのですよね。

 

 

エボルタはエネループよりも大容量です。

大容量ということは長く使い続けることができるこんなメリットがります。

 

ですが、充電回数が劣る。

 

 

この2つの違いくらいですが、ここが問題。

 

どちらがいいのかわからない。

選ぶ基準がわからない。

そう思いませんか。私は悩みました。

 

ですが、エボルタを選んで使っています。

ドローンのプロポも大容量の方が良いでしょう。

すぐに減っては困ります。デジカメ専用のエボルタもあり、こちらも使っています。

単3形がプロポではよく使いますが、中間のグレードでもプロポには使えます。

 

用途によって選ぶと良いでしょう。

 

パソコンのマウスにも使えるので便利ですよ。

いろいろ使えるところはあるのです。

 

予備として1個持っていても大丈夫でしょう。

折りたたみ式のキーボードも単4形充電池を使っています。

単4形2本使いますが、もうすぐというときは交換しますよ。

 

 

エボルタとエネループのいいところは完全に容量が亡くならなくても充電するのに計算して充電してくれるところです。

 

とっても頭が良いですよね。

充電するのにたったの1円です。

ハイスペックの電池でも2円程くらいだと思います。

 

充電池はエボルタかエネループがいいと思います。

 

DSC_0091

 

 

ロータイプの充電池のメリットは繰り返してつかうことができます。

それも2千回という桁外れの回数です。

 

でも容量が少ないので、ラジコンなんかは向いていないでしょう。

時計やリモコンなどの電池に使うといいかもしれません。

 

 

充電器にも種類があるので、注意が必要になります。

 

大体はセット売られているのでそちらを購入すると思いますが、バラバラの場合は間違った充電器を購入しないようにしてください。

 

ロータイプの充電器でハイスペックの充電池を充電できませんし、

ハイスペックの充電器でロータイプの充電池では充電しすぎるのです。

 

ここをしっかりとみて購入しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

リポバッテリーはこちら

 

関連記事:

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です