ドローンで空撮 唐津市佐賀県情報!

ガンプラ空撮してみました!

ガンプラを空撮してみました。

DSC_0010

この機体で空撮、なかなか操縦が難しいのが難点です。

この期待を使って、自宅のガンプラをとってみますね。

 

DSC_0033

 

 

テレビはまだブラウン管です。

いいでしょ。こんな使い方ができるのがブラウン管のいいところです。

あんまり近くには寄れないのですが、じっくりととってみますね。

 

久しぶりに緊張しています。

DSC_0035

 

こっそりとよっていきますよ。

でもカメラの撮影は嫁さんに頼みました。

 

飛ばすから写真とって、

えー度のアングル

 

やる気まんまんでした。

でもとりおわってから、好きな写真を選んでね

 

それでこれ

DSC_0038

 

ちょっと上からのアングルになります。

 

どうです!

まだまだですね。

 

このSyma X5Cはライディングテクニックをみがくなら、

適している機体です。

 

自動静止機能がついていないから、スロットルを

自分で制御しないといけない

 

これが一番の難しさです。

このSyma X5Cを自由に飛ばすことができれば外なんてかんたんですよ。

どこだって飛ばすことができます。

 

わたしも1ヶ月は部屋で練習をしていました。

いや違う、

一週間だけでした。

外の風邪が影響するんです。

Syma X5Cは小型だから風の影響をすごく受けやすいですよ。

風がないときに飛ばさないといけないです。

 

今思い出したのが、風で飛ばされていった、

はるかかなたんに飛んでいったのですが、

自力で戻しました。

 

焦りながらのライディングでした。

冷や汗がだらだら出てきましたよ。

ここでなくして貯まるものかとおもって、意地でも自分のところまで戻してきました。

その経験も今では役に立っています。

 

メインのシーカーには、自動で自分の位置まで戻ってくる機能がついています。

遠くまで飛ばしすぎて、戻ってくるのが面倒くさい時は、このGOバック機能をつかています。500メートルは離れることができるのでシーカーを見失いそうになりますが、特殊な望遠レンズをして撮影もしています。

いやいました。

 

これから移植するとまた飛ばせる。

 

よし頑張るぞ

DSC_0037

 

最後に一枚でも

 

こんなに狭い部屋で飛ばせるようになると、どこでも飛ばせます。

風はけいさんしてくださいね。

 

それだけは忘れないように

 

ドローンで空撮、

短編映画も考えています。

 

まだ企劃段階ですが、できたらいいなって思っています。

映画監督と、カメラマン一人二役での撮影です。

 

何を撮ろうかなって、名護屋城跡でもとりにいきますか、秀吉、家康、官兵がみた城跡の空でも眺めますかな、

 

空中散歩です。

 

近くにあるので言ってみますね。

城跡まで徒歩での移動になります。

ファイト

 

 

それじゃ

 

関連記事:

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です