ドローンで空撮 唐津市佐賀県情報!

ドローンの歴史は

ドローンとは何 といつも聞かれるのでここに紹介しておきます。

ドローンって簡単にいうと、無人のコンピュータで制御される空飛ぶ飛行物体です。

 

XK X380-C

人が乗れる空飛ぶ者はドローンとは言いません(笑)

 

 

 

 

それとドローンの名称はドローンって雄蜂のいみでもあります。

ドローンが飛ぶ時の音が蜂が飛んでいる音にそっくりなのでドローンの相性がついたのです。

ドローンっ言葉がつくまでは、4つのプロペラ機はマルチコプター、クワッドコプターと呼ばれていました。

 

私もいきなりドローンって言葉が出てきたのをびっくりしたくらいです。

ですが、ドローンが今では定着しているので使っているのが現状

 

ドローンには軍事関連のものから、ヘリコプターやクワッドコプターなんかも含まれているんです。

どれくらいまえから作られているのと聞かれますが、50年以上も前から作られているんです。軍事用として。

こんな感じの形、

Weaponized-US-Drone

 

こんなやつです。

 

これは今現在軍事用に使われている攻撃用ドローンです。

 

昔のドローンは大きい物体でした。それが今では小型化され、偵察用や戦闘用もできています。これを開発しているのはアメリカ軍が最新鋭のドローンがあり、基地から現地のドローンを操縦して空爆できてしまうのです。

 

実践にもでているとか聞かないとかです。

現在のドローンはすごく価格が安くなっています。手軽に空を楽しむことだってできるのです。それがドローンにハマる人を多くひきつけているのでしょう。

 

アマゾンや楽天、ヤフーでも簡単に購入することができます。

ドローン産業で一番先をいっているのが、中国です。

以外に会社の数は多いのです。

 

日本で一番の人気はPhantom3かな

 

日本はまだ遅れていますが、そのうち追いつくでしょうね。

ですが、価格次第で普及するか決まってしまいます。

 

 

ドローンレースが日本でも開催され、レースでも盛り上がりが期待されています。

レース用のドローンは、価格も比較的安くて、ハマる方が多くなるのかなと感じています。

私も欲しくなっているのですがね。

 

ドローンを使うには免許がいるものもあります。

電波法もしっかりと学ぶことで安全にドローンを飛ばすことができるのです。

 

あの大手ショッピングサイトのアマゾンがドローンで配送計画をねっています。

それを飛んで注文した方の家にすぐに配送するサービスです。

こんな便利なことができるのと目を疑いました。少し大きめのドローンでした。

 

バックツーザフューチャー2の世界がもうすぐそこまで来ているようにも思えます。

プログラム操作ができるドローン開発が今は勧められていますしね。

 

GPSや周辺機器の性能が飛躍的いに向上しているなか、ドローンを飛ばしている最中、空中を静止させる機能がアップしたり、遠隔範囲が広範囲に広がったりとドローンが急激に性能アップを果たしています。

 

20141107184300

現在の機体写真。

福島第一原発にもドローンが使われています。震災で影響を受けた原子炉建屋の映像をとっているんです。

これも人が入れないところで作業してくれています。

ドローンがより身近になってきています。

 

気になる方は操縦したくなるのは自然といえるのでは。

ですが、ドローンは安全に飛ばすことが義務付けられています。

遊ぶ人もきちんとした操作方法を学ぶことが持っとも大事なんですよね。

 

cropped-DSC_0093.jpg

 

人がいないところや、住宅地では飛ばさないことが大事になります。

 

保険もかけないといけませんよ。

 

 

 

マルチコプター誕生の歴史と構造理論

 

航空法改正2015年12月10日にドローンに関する法改正が施工された、ドローン

 



Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です